ロボカップジュニア2021関東ブロック大会報告②

~ OnStage日本リーグ「Go To ! NIKKO」優勝!

ジャパンオープンはオンライン開催へ ~

ロボカップジュニア関東ブロック大会のOnStage競技は各チームが所属する学校や団体所在地からオンランで参加する形式で、1/24(日)・31(日)の2日間で行いました。各ノード大会から選抜されたワールドリーグ2チーム、日本リーグ12チームが参加。

Truthからは、東京神奈川ノード大会で優勝したチーム「Go To ! NIKKO」が飯田橋の教室から日本リーグに参加。リーダーの高津さんがコロナのため修学旅行に行けなかったので、日光修学旅行に連れてあげようというストーリー。東照宮から徳川家康が出てくる仕組み、華厳の滝の輝きを表現するLED、枕投げロボットの進化、三猿やお友達ロボットのコスチュームなど、バージョンアップして臨みました。本番中、PCから出力している音楽とセリフを入力しているマイクの音声が干渉し、セリフが聞き取りにくかったのですが、演技内容はしっかり伝わり、見事優勝!優秀プレゼンテーション賞とW受賞となりました。ジャパンオープン出場が決定!おめでとう!ジャパンオープンでの活躍を応援お願いいたします。

パフォーマンス中 その1
パフォーマンス中 その2

なお、3/26(金)~28(日)に予定されていた「ジャパンオープン2021名古屋大会」は、コロナ感染拡大の終結が見えないためオンサイトでの開催を断念。その代わり、全競技をオンラインで行うことに決定しました。各競技の技術委員会が英知を結集して運営方法を懸命に検討しています。また、昨年延期となったボルドー世界大会もメジャー、ジュニア共、全競技オンライン開催が決定。ジュニアでは新たなシミュレーションによる競技を開発中です。

Onlineでインタビュー