ロボカップアジアパシフィック2021あいち

~ OnStageチーム「GoTo!NIKKO」Wチャンピオンに輝く! ~

 

去る11/26(金)~28(日)、Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)にて「ロボカップアジアパシフィック(以下RCAP)2021あいち」が開催されました。

RCAPは17年にタイ、18年イラン、19年ロシアで開催され、昨年はコロナ禍のため延期となりました。今回は国内チームだけの参加となり、チーム数も少なかったのですが、久しぶりの会場でのオンサイト開催となり、メジャー(大人の部門)のサッカー、レスキュー、@ホームとも同時開催となり、大きな会場で一般来場者も多く、盛り上がった雰囲気が味わえました。

会場前

Truthからは、ジュニア部門レスキューLineセカンダリーに2チーム(Diamond Fuji、Fectum)、OnStageに1チーム(GoTo!NIKKO)が参加しました。レスキューLineではDiamond Fujiを含めた2~3チームがカメラを搭載しており、優勝チームはライントレースでもカメラを使用し、圧倒的な得点差で他を引き離しました。カメラによる画像処理が今後のトレンドになりそうです。Fectumも自作センサーを作るなど新しいチャレンジをしましたが、両チームとも振るわず、8位と9位に終わってしまいました。本大会の2週間後にロボカップジュニア2022年度の幕開けとなるノード大会が行われます。今回で見えた問題点を克服してもらいたいものです。

Fectum
Diamond Fuji

OnStageは参加チームがわずか4チームで、少し寂しい感じがしましたが、どのチームとも真剣に取り組んでいました。舞台での技術を披露するプレゼンテーション(OTD)、インタビュー、舞台での演技が審査され、その総合点で順位が決まります。演技得点で他を圧倒したGoTo!NIKKOが優勝。また、国際大会では他のチームと組んで「スーパーチーム」を結成し、新しい課題にチャレンジする競技が加わります。GoTo!NIKKOは中学校チームと組みクリスマスをテーマにしたパフォーマンスを行い、こちらも優勝。W優勝を果たしました。

SuperTeam で組んだチームと!
GoTo!NIKKO  パフォーマンス
GoTo!NIKKO 表彰式

ロボカップ2022に向けて気持ちを切り替え、常にチャレンジ精神を忘れずに、前を向いて、上を目指して頑張ってくれることを期待しています.