10月スタート、年中対象「プレキッズ」受講生募集!体験授業受付中!!

10月よりプレキッズ (受講対象: 年中)が開講します。リトル・ダヴィンチ理数教室の算数では、算数ブロックなどを使って、何かを作る過程で規則性を発見し、表現する力 、すなわち、公式を覚えるのではなく、公式を生み出せる力を育てることを目標としています。カリフォルニア大学 バークレー校ローレンスホール科学教育研究所が全米の先生向けに開発した 「GEMS(ジェムズ:Great Explorations in Math and Science)」のカリキュラムを導入。これに加え、推理・推論・記憶力を育てる算数ゲームや「クリックス」という正方形の形をしたベルギー生まれの知育ブロックを使った立体図形の構成などを学びます。科学の半年間のテーマは「いきもの」。アメリカの環境教育プロジェクト「プロジェクト・ワイルド」のカリキュラムをベースにした活動を行います。9/23(木祝)飯田橋校、9/25(土)練馬校で体験授業を開催。奮ってご参加下さい!

詳細はこちら⇒ http://truth-academy.co.jp/lv/lvpk/

カエルの算数
数の合成・分解
ろっかくしょうぎ
ジャンプバッタ
クリックスで恐竜の世界
カエルの算数ボタンしりとり

2021年度 第2回「算数・数学 思考力検定」実施!

11/5(金)飯田橋校・11/6(土)練馬校 試そう!考える力を!

朝日新聞EduA8/26号に、「算数・数学で養う『答えのない課題に立ち向かう力』 思考力を伸ばすポイントは」という記事が掲載され、「算数・数学 思考力検定」が紹介されました。監修を務める筑波大学大学院の清水美憲教授は、PISA(OECDの国際的学力調査)で「2000年代前半に懸念されたのは子どもたちの読解力・数学的リテラシーの低下であり、自分で考え、算数や数学の知識・技能を活用する力に課題があった」と。そこで、1998年に算数・数学思考力検定がスタート。

思考力を問う問題は正解にたどりつくアプローチがいくつもあり、正確にその力を測るのは容易ではありません。そこで算数・数学思考力検定では、「思考力」を「答えのない課題に立ち向かう力」と定義。思考力を構成する観点は①情報・条件を使いこなす力 ②筋道を立てて考える力 ③ものの形を認識・想像する力の3つで、それらを育もうというのが狙いとしています。

算数・数学分野の理解度・応用力だけではなく、思考力の傾向も知ることができます。今の自分の得意不得意分野を知り、どのような思考力を伸ばしていけばいいのか?今後の学習指針を立てる上でとても有効な試験です。ぜひ挑戦してみて下さい!

なお、リトル・ダヴィンチ理数教室では、算数・数学思考力検定の準拠教材「算数ラボ」を副教材として使用しています。リトル・ダヴィンチ理数教室で、算数の思考力を養いましょう!

新企画『サマー・キャッチアップ講座2021』

2学期通常に向けてキャッチアップ!

 

2学期から通常授業に参加できるよう、1学期の内容を抜粋した授業を行います。期間は、飯田橋校が8/17(火)~20(金)、練馬校が8/26(木)~29(日)を予定。実施ステップは、ブロック・サイエンスのKCⅠ(小1・2)・KCⅡ(小2・3)・JEⅠ(小3~5)、リトル・ダヴィンチ理数教室のLVK(年長)・LVJⅠ(小1・2)・LVJⅡ(小2・3)になります。

在籍していない一般生が主な対象になりますが、1学期の途中から入会したり欠席したりして自分が学んでいない単元がある、他コースの受講を検討したい、興味がある講座を単発で受講したい、という在籍生も受講できます。Truthの授業に興味のあるお友達がいらしたら、ぜひご紹介ください。詳細は別途お知らせいたします。

LVK「宝もの箱」の様子
LVJⅠ「電気回路」の様子
JEⅠ「つりざお」の様子

 

 

【リトル・ダヴィンチ理数教室】1学期の科学の様子

~天気・電気・データ・マイクロビット~

リトル・ダヴィンチ理数教室の科学は、各ステップの年間テーマが決まっています。キッズ(年長)は「お天気」。1学期は、風や雨の観察、温度のグラフ化を行いました。キッズの科学では毎回「ものの中まで見る」シリーズで、卵やキュウリなどの野菜の中まで観察して記録する活動を行っています。観察する眼を育てることを大切にしています。

LVK:お天気(温度計学習)の様子
LVK:お天気(風向計)の様子

ジュニア1(小1・2)は、GEMS(数学と科学の偉大なる冒険)カリキュラム「電気回路」をテーマとし、1学期は乾電池と豆電球を使って、回路とは何か?導体と絶縁体は?など実験を通して学び、オリジナル・スイッチを作りました。ショート回路の恐ろしさも実感したようです。

LVJⅠ:電気回路の様子
LVJⅠ:電気回路の様子その2

ジュニアⅡ(小2・3)は「物質の三態」がテーマですが、温度のデータロギングを行うため、その準備段階として、チリメンモンスターを分類して表や棒グラフを作成したり、変化を折れ線グラフにしたりする活動を行いました。そして、水を加熱し、温度センサーを使ってデータロガーでリアルタイムに温度変化をグラフ化して沸点を調べ、沸点上昇させるにはどうしたらいいか?それが日常生活でどう活かされているか?などを考察しました。

LVJⅡ:チリメンモンスターの様子その2
LVJⅡ:チリメンモンスターの様子

ジュニアⅢ(小3・4)は、英BBCが開発し現在世界的に人気上昇中の教育用小型コンピューターボード「マイクロビット」のプログラミングがテーマ。1学期は、LEDの表示方法や温度センサー、光センサー、Bluetooth通信、通電テスターの制作とプログラミングなどを行いました。「マイクロビット」には様々なセンサーが搭載されているだけでなく、入出力端子も用意されているので、電気回路と組み合わせてプログラミングすることも可能です。

2学期の学習も楽しみにしてください。

2021年度 第1回算数・数学思考力検定実施!

6/25( 金 ) 練馬校、 6/27( 日 ) 飯田橋校 にて第1回算数・数学思考力検定実施!

思考力とは、問題解決のプロセスを構築する力。私たちは、日常のあらゆる場面で問題解決を求められています。大切なのは、解決にいたるまでの過程、つまり筋道をどれだけ多く考えられるかということ。そして、その中から最適な組み合わせは何かを判断することです。この観点から、算数・数学思考力検定は、「算数オリンピック」との共同開発によって「iML国際算数・数学思考力検定」として発足。さまざまな角度から、子どもたちの考える力を探り、思考力・問題解決力を育むために役立つ能力検定試験です。

リトル・ダヴィンチ理数教室では、算数・数学思考力検定の準拠教材「算数ラボ」を副教材として使用しています。ジュニアⅠ(小1)…10級、ジュニアⅡ(小2)…9級、ジュニアⅢ(小3)…8級取得を目安に取り組んでいます。思考力について「いくつかの観点で整理された情報の一部から、他の情報を導く力」「図や表を用いて情報を整理する力(問題場面を図示し、問題の構造を把握する力)」「試行錯誤しながら、ねばり強く考える力」などに分類され、算数・数学分野の理解度・応用力だけではなく、思考力の傾向も知ることができます。

今の自分の得意不得意分野を知り、どのような思考力を伸ばしていけばいいのか? 今後の学習指針を立てる上でとても有効な試験です。

是非挑戦して下さい!

アルゴ&トリンカ大会結果発表

12/20(日 ) 冬休みサイ エンス講座の一環として、 毎年恒例、算数ゲーム大会 を開催しました。みんな しっかり練習して臨んでくれました!  

  

いずれの部門もサッカーワールドカップのように、 予選リーグを勝ち点制で行 い、試合を繰り返しました。 アルゴ大会、トリンカ加減 の部は、いずれも練習時間 を設けて時間が押したこと もあり、予選リーグで順位 付けしました。トリンカ四 則演算の部は、学年でリーグ分けして予選を実施。決 勝トーナメントは各リーグ の 1位同士、2位同士で対戦。 最後の大逆転で優勝が決ま る、熱い接戦でした!来年 もぜひ挑戦して下さい !

 

X’mas ダヴィンチ・スペシャル

~練習して挑戦しよう!「算数ゲーム大会2020」~

12 月20日(日)、冬休みサイエンス講座の一環として、頭をよくする算数ゲーム「アルゴ大会」(年少~年長対象、年少さんには難易度高)、「トリンカ大会」(小1-3対象)を飯田橋校で開催します。

いずれも思考力を育てるゲームとして、Truthでは定番のおすすめカードゲーム。リトル・ダヴィンチ在籍生でなくても、参加できます。お家で練習してから参加されることをおすすめします。
あまり外出できない今、冬休みにぴったりのゲームです。ぜひ挑戦して下さい!

10月スタート、年中対象「プレキッズ」受講生募集!体験授業受付中!!

10月よりプレキッズ (受講対象: 年中)が開講します。

リトル・ダヴィンチ理数教室の算数では、算数ブロックなどを使って、何かを作る過程で規則性を発見し、表現する力 、すなわち、公式を覚えるのではなく、公式を生み出せる力を育てることを目標としています。

カリフォルニア大学 バークレー校ローレンスホール科学教育研究所が全米の先生向けに開発した 「GEMS(ジェムズ:Great Explorations in Math and Science)」のカリキュラムを導入。これに加え、推理・推論・記憶力を育てる算数ゲームや「クリックス」という正方形の形をしたベルギー生まれの知育ブロックを使った立体図形の構成などを学びます。

科学の半年間のテーマは「いきもの」。アメリカの環境教育プロジェクト「プロジェクト・ワイルド」のカリキュラムをベースにした活動を行います。

受講希望の方は、下記ホームページをご確認の上、お申込みください。

http://truth-academy.co.jp/lv/lvpk/

体験授業は、メールにてご案内いたします。

 

【リトル・ダヴィンチ理数教室】 プレキッズ(年中対象)10月スタート!体験授業受付中!!

~ 数・規則性・立体図形・環境教育 ~


10月よりプレキッズ(受講対象:年中)が開講します。

プレキッズでは、カリフォルニア大学バークレー校ローレンスホー科学教育研究所が全米の先生向けに開発した「GEMS(ジェムズ:数学と科学の偉大なる冒険」のカリキュラムや、アメリカの環境教育プログラム「Project Wild(プロジェクト・ワイルド)」を導入しています。これに加え、推理・推論・記憶力を育てる算数ゲームや「クリックス」という正方形の形をしたベルギー生まれの知育ブロックを使った立体図形の構成などを学びます。

算数を学ぶ上に欠かせない「規則性を発見する能力」を育成するため、まず「規則性あるものを美しく感じる心」を育てます。科学では、「いきもの」をテーマに、自然保護の大切さを学び、「観察する習慣」を養います。

受講希望の方は、別途配布のご案内をご確認の上、お申込みください。体験授業は、10月以降に開講クラスにて実施します。


<リトル・ダヴィンチ プレキッズ概要>


リトル・ダヴィンチ理数教室
http://truth-academy.co.jp/lv/

プログラミング学習「code.studio」

1学期の学習カリキュラム

〜 ステップごとに学習目標を決めてレベルアップ 〜



リトル・ダヴィンチ理数教室では、算数の授業(月3回)冒頭10分程度、「code.studio(コードスタジオ)」でプログラミング学習を行っております。「code.studio」は、『すべての学校の、すべての生徒が、コンピュータサイエンスを学ぶ機会を得るべきです』をモットーに、「Code.org」が世界各国で展開しているオンラインコースで、4歳から18歳までを対象とするブロックベースのプログラミング環境を提供しています。現在Code.orgの授業は世界中で100万人の教師によって数千万人の生徒に使われています。
コース 1 は小学1年生(5-7才)向けで、初心者でも作れるようにデザインされており、問題解決スキルを育てる、難しいタスクをやり続ける、といったことを学びます。コース2は小学2?5年生向けで、問題を解くプログラムやインタラクティブなゲームや物語を作ります。コース3はコース2を終えた小学4〜5年生向け。コース2のプログラミング トピックを深く掘り下げ、より複雑な問題に解決策を見つけます。
授業では、ステップごとにプログラミングのレベルを設定し、毎月の学習目標を定めて、コンストラクショニズムに基づいて、クラスごとに課題に取り組んでいきます。表は1学期の学習テーマをまとめたものです。7月には、全ステップとも生徒の学習進捗に応じてキャッチアップの時間を設けます。
*キッズステップはタブレット使用が9月からとなります。

学習カリキュラム (1学期)



リトル・ダヴィンチ理数教室
http://truth-academy.co.jp/lv/