ロボカップジュニア2022ノード・ブロック大会報告

~ 無観客オンサイトでのフルバージョンで開催 ~

昨年12/18・19にロボカップジュニア東京神奈川ノード大会が行われ、このノード大会で選抜され他チームが1/9・10に行われた関東ブロック大会に参加しました。全競技のうち、サッカーオープン及びライトウェイト、OnStageはチーム数が関東ブロック受け入れチーム数内だったため、ノード大会は行われず、ブロック大会から参戦。昨年同様プレゼンテーションポスターは会場には掲示せず、オンライン審査となりました。どちらも東京都立産技高専品川キャンパスにて全競技がオンサイト・無観客で開催したため、参加者が会場に集まって競技することができました。会場に集まることによって、お互いのロボットを実際に見たり、参加者同士が交流したりすることができるのは、やはり学びにとって有意義なことです。オミクロン株の急拡大前であったことが幸いでした。

サッカーライトウェイトDARTS
レスキューラインDiamond Fuji
レスキューラインDiamond Fuji

今年のTruthチームは、関東ブロック大会でのサッカーライトウェイトの優勝、OnStage日本リーグの準優勝を筆頭として多くのチームが入賞しました。思い通りの結果を出させたチームもあり、練習ではうまくいっていても本番では思わぬ不具合が起き、今一つ実力を発揮できず、悔しい思いをしたチームもありました。また、競技結果を求めるよりも、自分が目標とする課題に対するこだわりが強く、競技全体の得点が伸びなかったチームもあったようです。高い目標を持って研究・開発に取り組む姿勢が大事ですし、競技で勝つための戦略にもこだわる姿勢も大事ではないでしょうか?一方、最優秀・優秀プレゼンテーション賞を受賞したチームは多かったようです。自分たちの技術を人に伝える力が向上したことは立派なことです。

OnStageNLアシカいるか?
OnStageNLアシカいるか?表彰
サッカーライトウェイトSAS
レスキューWLラインFectum

レスキューメイズで優勝したTruth卒業生の「Twinclue」(OnStage、レスキューメイズで世界大会出場)は競技後、レスキューラインに参加した後輩たちを一同に集めて自分のロボットを解体しながら、その機構について解説してくれました。大きく成長した姿を見られるのは嬉しいものです。

Truth OBレスキューMaze Twinclue
Truth OBレスキューMaze Twinclue 表彰

次はいよいよ日本大会です。参加するチーム(現時点では未定)は、思う存分実力を発揮して大会を楽しむことができるよう、ロボットを進化させましょう。また、出場できなかったチームも、最新の情報を収集することから始めて、新たな目標を設定し、目標達成に向けて日々の努力を積み上げてください。皆の今後の活躍を期待しています。

詳細・結果は関東ブロック大会HPでも⇒ https://rcjj-kanto.org/tokyo/

 

冬休みサイエンス講座2021 算数ゲーム大会

アルゴ&トリンカ大会結果発表!

12/19(日)冬休みサイエンス講座の一環として、毎年恒例、算数ゲーム大会を開催しました。みんなしっかり練習して臨んでくれました!

トリンカ四則演算2021大会の様子

いずれの部門も予選リーグを勝ち点制で行い、試合を繰り返しました。アルゴ大会は参加者が少なかったのが残念でしたが、実力が拮抗する良い戦いでした。トリンカはいずれの部門も予選リーグで順位付けしました。四則演算の部は、急な欠席もあり講師が代理で入っての戦いに。講師をのぞいた結果で順位を決めました。勝ち点が同点で、得点差で準優勝が決まるなど接戦でした。

アルゴ大会2021表彰
トリンカ加減の部2021表彰
トリンカ四則演算2021表彰

来年もぜひ挑戦して下さい!

ロボカップアジアパシフィック2021あいち

~ OnStageチーム「GoTo!NIKKO」Wチャンピオンに輝く! ~

 

去る11/26(金)~28(日)、Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)にて「ロボカップアジアパシフィック(以下RCAP)2021あいち」が開催されました。

RCAPは17年にタイ、18年イラン、19年ロシアで開催され、昨年はコロナ禍のため延期となりました。今回は国内チームだけの参加となり、チーム数も少なかったのですが、久しぶりの会場でのオンサイト開催となり、メジャー(大人の部門)のサッカー、レスキュー、@ホームとも同時開催となり、大きな会場で一般来場者も多く、盛り上がった雰囲気が味わえました。

会場前

Truthからは、ジュニア部門レスキューLineセカンダリーに2チーム(Diamond Fuji、Fectum)、OnStageに1チーム(GoTo!NIKKO)が参加しました。レスキューLineではDiamond Fujiを含めた2~3チームがカメラを搭載しており、優勝チームはライントレースでもカメラを使用し、圧倒的な得点差で他を引き離しました。カメラによる画像処理が今後のトレンドになりそうです。Fectumも自作センサーを作るなど新しいチャレンジをしましたが、両チームとも振るわず、8位と9位に終わってしまいました。本大会の2週間後にロボカップジュニア2022年度の幕開けとなるノード大会が行われます。今回で見えた問題点を克服してもらいたいものです。

Fectum
Diamond Fuji

OnStageは参加チームがわずか4チームで、少し寂しい感じがしましたが、どのチームとも真剣に取り組んでいました。舞台での技術を披露するプレゼンテーション(OTD)、インタビュー、舞台での演技が審査され、その総合点で順位が決まります。演技得点で他を圧倒したGoTo!NIKKOが優勝。また、国際大会では他のチームと組んで「スーパーチーム」を結成し、新しい課題にチャレンジする競技が加わります。GoTo!NIKKOは中学校チームと組みクリスマスをテーマにしたパフォーマンスを行い、こちらも優勝。W優勝を果たしました。

SuperTeam で組んだチームと!
GoTo!NIKKO  パフォーマンス
GoTo!NIKKO 表彰式

ロボカップ2022に向けて気持ちを切り替え、常にチャレンジ精神を忘れずに、前を向いて、上を目指して頑張ってくれることを期待しています.

加賀ロボレーブ大会2021報告

競技全て決勝進出!2種目で入賞!! 

11月27日(土)・28日(日)の両日、石川県の加賀市スポーツセンターにて加賀RoboRAVE(https://www.roborave-kaga.com/)大会2021が開催されました。

2年ぶりの開催(昨年はコロナの影響で中止)で、参加チームは71チーム(高校生6チーム、中学生21チーム、小学生45チーム)。あいにく海外からの参加はありませんでしたが2日間にわたる熱い戦いが繰り広げられました。

今年度はコロナ禍での開催ということで、手指消毒・マスク着用はもちろんのこと、選手・メンター以外は競技会場であるメインアリーナに入れず、2階からの観戦とされたり、出入り口が決められ動線が一方方向になっていたり、また、一番参加チームの多い競技では、参加者を2ブロックに分けて1時間ごとに競技時間を交代するなど密集を避けるシステムが採られたり…と運営上も様々な工夫が凝らされた大会でした。

NESTからは、小学生部門にトゥルース在籍生2人で組んだチームWorld Complete SKが参加。1チームでアメージング・ラインフォロイング・スモーボットの3競技にチャレンジしました。参加チームの多い小学生部門の中でも、3競技に参加するのは我がチームだけ。

調整中のWorld Complete SKチーム

中でも、小学生45チーム全てが参加するアメージングでは、競技時間の制約がある中、上手くロボットの調整を進め、エントリーした3種目全てで決勝に進出することができました。

アメージングの決勝では、初戦で優勝校の金明小学校チームと当たり、両チームとも完走するもタイム差で惜しくも一回戦敗退。入賞には届きませんでした。しかし、他の2競技については、スモーボットは2位(惜しくも中学生チームに敗退)、ラインフォロイングは3位(1・2・3位ともに満点を獲得。残念ながらタイム差で3位)と表彰台にのぼる大健闘となりました。

競技のほかにも、JAXA安全・信頼性推進部の上森規光氏による講演会が開催されたり、中庭でドローンの体験会が行われたりと、IT教育に真剣に取り組んでいる加賀市の気合が感じられる大会でした。来年は、海外からの出場チームも含め国際大会として加賀で開催される予定とのこと。またその舞台で、NESTからの参加者が活躍できることを期待しています。

2021年度 第3回「算数・数学 思考力検定」実施!

~2/18 (金 ) 練馬校 ・ 2/20( 日 ) 飯田橋校 で開催!

 

算数・数学思考力検定は、個々に結果の分析や、今後の課題なども受検結果と共に送られてきます。正解率に応じて金・銀・銅のレベルがあり、Truthではなるべく金がとれるまで、同じ級を受検することをお薦めしています。しっかりできるようになるまで同級を挑戦する子は、後の伸び率が速いです。試験中の子どもたちの様子を見ると、特に低学年では試験への集中力、試験用紙の空きスペースの使い方、確認の姿勢などにまだ慣れていない様子が見受けられます。これもトレーニングです。ぜひ挑戦してみて下さい!

X’masダヴィンチ・スペシャル「算数ゲーム大会2021」 

~ 頭を使う戦略ゲームに一喜一憂、熱くなれ! 

かれこれ10年以上続けている恒例行事となりましたが、子どもたちが飽きることなくに熱くなるゲームです。今年も冬休みサイエンス講座の一環として、頭をよくする算数ゲーム「アルゴ大会」(年少~年長対象、年少さんには難易度高)、「トリンカ大会」(小学低学年・LVJ対象)を12月19日(日)飯田橋校で開催します。

いずれも思考力を育てるゲームとして、Truthではリトル・ダヴィンチ(LV)の授業でも取り入れています。LV在籍生でなくても、参加できます。お家で練習してから参加されることをおすすめします。ぜひ挑戦して下さい!

12月19日(日) 飯田橋校で開催!

★アルゴ大会
幼稚園生対象/ 午前9:40 -11:00(80分)

★トリンカ大会
【加減の部】小1生またはジュニアⅠ在籍生対象/午前11:20- 12:50(90分)
【四則演算の部】小2-3生またはジュニアⅡ・Ⅲ在籍生対象/午後 2:50- 4:30(100分)
※申込・詳細は別途お知らせをご参照ください。

アルゴ大会
トリンカ大会

 

RoboCup!RoboRAVE!

~ ロボコンシーズン、いよいよ佳境を迎える! ~

OnStageTruthチーム

8月末からNESTロボコン、ロボレーブ東京大会、宇宙エレベーターロボット競技会と、ロボットコンテストが続いてきましたが、この11月には「ロボカップアジアパシフィック2021あいち(RCAP2021:アールキャップ2021)」が11/25(木)~28(日)にAichi Sky Expo(愛知県国際展示場)にて、「加賀ロボレーブ大会2021」が11/27(土)~28(日)に加賀市スポーツセンター(石川県)にて開催されます。トゥルースからは、RCAPのオンサイト競技に3チーム、オンラインのバーチャル競技に1チーム、加賀ロボレーブには今年は1チームが参加します。どちらも国際大会の位置づけですが、コロナ禍のため国内チームのみの参加となりました。NPO法人科学技術教育ネットワークとして、2年ぶりの遠征ツアーを組み、それぞれ3泊4日、2泊3日の予定で参加します。実際に顔を合わせて全国様々な地域から来たチームと出会い、交流の中から学び合える場が復活したことは喜ばしいことです。

RCAP2021は、国内チームのみと言え、国際大会です。バーチャル競技では、アジア・パシフィック内の様々な国から参加することになります。また、ジュニアリーグ(19歳以下)だけではなく、メジャーリーグ(20歳以上)も参加しますので、オンサイト競技では、サッカーの中型・小型・ヒューマノイドリーグやレスキューの実機リーグやシミュレーションリーグ、@HOMEなどの大学の研究室などが取り組んでいる、完全自律型のロボットの最先端技術を自分の目で見られる貴重な機会になります。

サッカーTruthチーム
レスキューTruthチーム

RCAP2021が終わるとすぐに12月から「ロボカップ2022」のシーズンが始まります。関東圏のジュニアの大会は、12月に東京神奈川ノード大会、1月に関東ブロック大会、3月にジャパンオープンと上位大会進出を目指す挑戦が続きます。現在コロナ禍も落ち着きを見せていますのでこの状態が続き、今度は会場で皆が集まって競技できることを期待しています。

参加するチームメンバーの応援、よろしくお願いいたします。

 

◆11 月 25 日 (木)‐29 日 (月)
Aichi Sky Expo https://2021.robocupap.org/

<ロボカップアジアパシフィック2021あいちTruth出場チーム>

◆11 月 27日 (土) ‐ 28日 (日) 加賀市スポーツセンター https://www.roborave-kaga.com/

<加賀ロボレーブ大会2021 Truth出場チーム>

◆ロボカップジュニア2022関東 https://rcjj-kanto.org/
・東京神奈川ノード大会 12月11日(土)~12日(日)
・関東ブロック大会 2022年1月9日(日)-10日(月祝)
※いずれも都立産技高専・品川キャンパス

<ロボカップ・ジュニア2022Truth出場チーム>

NESTロボコン2021オンサイト競技開催

~ ロボカップ2022に向けての折り返し地点 ~

 

去る10/14(日)東京都立産業技術高等専門学校品川キャンパスにて、当初8/29に開催予定だったNESTロボコンのオンサイト(会場)で行う競技を開催しました。実施した競技は「サッカー・ライトウェイト」と「レスキュー・ライン」という2つで、国内のロボカップジュニアでは「ワールドリーグ」に分類され、世界大会やアジアパシフィック大会を目指します。トゥルース・アカデミーからは、それぞれ2チームと3チームが出場しました。

サッカーWLオンサイトの様子

例年はNESTロボコンがロボカップジュニアの大会に向けた活動の最初の一里塚として位置づけでしたが、11月にアジアパシフィック大会が愛知で行う関係で、東京・神奈川ノード(予選)大会12月に延期されたため、折り返し地点としての位置づけになり、活動後半の目標を立てる機会になったようです。

サッカー・ライトウェイトは、ロボットが2台vs2台で赤外線を発するボールでサッカーする競技です。まだ準備が整わなかったり、電池チェックに通らなかったりしたチームがあり、2チームが棄権となりました。全体的にまだ完成度が低く、優勝チーム以外は思った通りの動きができていない状態でした。どのような不具合があるのか?どのように対処したり改善したりしたらいいのか? — やはり、自分が作ったロボットを十分知り尽くすことが開発の鍵ではないでしょうか?

レスキュー・ラインは、ロボットが様々な障害を乗り越えてラインを辿っていき、最後の部屋にいる被災者(銀と黒のボール)を避難場所に運ぶ競技ですが、今回は被災者救出に成功したチームはいませんでした。大会に向けての大きな課題を残したようです。ただ、面白く思ったのは、レゴ・マインドストーム2代目のNXTと3代目のEV3、そして新しく登場したSPIKEプライムのロボットが上位3位までを分け合ったことです。SPIKEプライムはまだ第3パーティーのセンサー類があまり出ていないので、今後の開発が期待されるところです。

レスキューWLオンサイトの様子

オンラインと異なり、実際に会場で顔を合わせて競技を行うことの良さは、どちらの競技も試合後にお互いのロボットを見せ合ったり、質問しあったりする場面に現れました。私共はオンライン競技の運営にも精通しましたが、やはり実際に人と人とが会って交流することの力には及ばないこと、英知を結集して可能な限りオンサイトの競技を開催することの必要性を痛感しました。

ロボカップジュニア2020での彼らのチャレンジと活躍を応援お願いいたします。

NEST「ロボットの鉄人2021」報告

~ ロボコン大舞台での活躍を目指して! ~

去る9/18(土)~20(日)の3日間、NPO法人科学技術教育ネットワーク(NEST)主催の「ロボットの鉄人2021」を国立オリンピック記念青少年総合センター(代々木)にて開催しました。「ロボットの鉄人」とは、ロボカップジュニアで活躍した先輩(鉄人)に、その哲学や開発手法、技術などの指導やアドバイスを受け、深夜までロボット開発を行う2泊3日間の合宿です。2009年から毎年開催し、毎年ジャパンオープンや世界大会に多くのチームを輩出しています。ICTを活用した教育実践事例の全国コンテスト「ICT夢コンテスト」でも賞を獲得した教育プログラムです。昨年はコロナ禍のため残念ながら中止としましたが、今年は感染予防対策を徹底しながら、合宿ではなく通いで行いました。鉄人OBや国際ボランティアも指導者として参加してくださいました。

やはりコロナ禍ということもあり、参加者は例年の半数以下になりましたが、サッカーとレスキューのワールドリーグ及び日本リーグ、初心者向けのRoboRAVEチャレンジの5部門を行い、最終日にはRoboRAVE東京大会を開催しました。

サッカーやレスキュー参加者は、12月に始まる一連のロボカップジュニアの大会で、より上位の大会を目指すべく、真剣にロボット開発に取り組んでいました。通いなので深夜の活動ができず、通学時間も取られ、例年の達成すべきところまで到達できなかった人もいたようです。一方、RoboRAVEでは初心者ということもあり、カリキュラムに沿って3つの競技に挑戦し、大変楽しく盛り上がっていました。RoboRAVE東京大会では国際大会の参加経験がある中学生もロボットを2台作ってきて参加し、特に「スモーボット」の競技ロボットはとても作り込んであったので、他の参加者の参考になったと思います。小学生部門は、全員が3競技に挑戦しましたが、新海莞史君(飯田橋校・小5)が全競技優勝を果たしました。

RoboRAVE- スモーボットの様子

RoboRAVE-表彰

10月には「宇宙エレベーターロボット競技会http://space-elevator.tokyo/)」、11月に「ロボカップ・アジアパシフィック2021あいちhttps://2021.robocupap.org/)」と「RoboRAVE加賀全国大会https://www.roborave-kaga.com/)」と相次いで開催され、そして12月から「ロボカップジュニア2022」の一連の大会が幕開けします。ロボットコンテストの熱い時期となり、トゥルース・アカデミーの生徒たちの果敢なチャレンジが始まります。多くは無観客開催となり、大会会場には入れませんが、ぜひ応援の程よろしくお願いいたします。

 

第8回宇宙エレベーターロボット競技会オープンA報告

~ 難易度が上がったルールに、小学生参加全チームが0点 ~

10/10(日)第8回宇宙エレベーターロボット競技会オープンAがオンラインで開催されました。予選会だけで完結する「リージョナル」部門には、小~高の16チームが、全国大会の選抜を行う「グローバル」小学生部門に8チーム、中高校生部門に22チームが参加。今回はコロナ禍を鑑み、教室などの各チームの活動場所からzoomを通して参加する競技形式になりました。活動場所の環境を考慮し、本来予選会では床から2.5m、全国大会では4mの高さに吊るされる宇宙ステーションが、1mに変更されました。

オンライン競技の様子

トゥルース・アカデミーからは、グローバル小学生部門に「北斗星」、「Garaxy Three」、「moon up climbers」の3チームが参加。今回のルールは、2階建ての宇宙ステーションの上下段にそれぞれ50個のピンポン玉が置かれ、地上のアースポートからテザーと呼ばれる布製の帯を伝ってロボットが上がっていき、ピンポン球を回収してアースポートに戻ってくるという競技内容です。回収した球の個数を競います。制限時間内に何度も運んで構わないのですが、競技終了時にアースポートにロボットが戻っていないと得点は1/3に減らされてしまいます。

北斗星
Garaxy Three
moon up climbers

残念ながら、難易度が高かったのか、オープンAグローバル小学生部門に参加した8チームすべてがピンポン球を運べず0点になり、全国大会への推薦チーム数も0になってしまいました。中高校生部門では、3チームほどが、ステーションのピンポン玉回収に成功したようです。練習中や競技後に再挑戦をした時には、トゥルースのチームも回収ができていたようですが、やはり本番一発勝負となると、緊張感もあり、規定の動作を守ることに精一杯なのか、実力が発揮できなかったようです。

全国大会進出は果たせませんでしたが、この活動を通して学んだ、ロボット製作に必要な考え方や技術、チームワークと役割分担、大会に臨む姿勢など、今後の学習に活かしてくれることを期待しています。