ロボット・ベーシックⅠ 卒業チャレンジ2020合同競技会結果報告

~ 理解度充分!ロボコン経験を重ねよう!! ~

3/21(日)飯田橋校でロボット・ベーシックⅠの卒業チャレンジを行いました。

国際的なロボコンRoboRAVEのa-MAZE-ingとLineFollowinを組み合わせた競技をベースに、使用するセンサーを加えて2台がピンポン玉の受け渡しを行って連携するする独自の競技です。1年間学んだ内容が詰まっています。

競技の様子

競技迷路エリアでは満点を獲得したチームがいたり、ライントレースエリアではスタート地点への帰還に成功したチームがいたりと、1年間学んできたロボットプログラミングの知識を十分に生かしてロボットを制御することができていました。しかし、走行中にピンポン玉を落としてしまったり、受け渡しに失敗してしまったりと、ロボットの構造やロボット間の連携において課題がみられました。競技を通じて、ロボット制作におけるプログラミング以外の要素(構造やチームワーク)の重要性を理解することができたようです。
また、競技終了後には恒例となっている筆記と実技の確認テストを行いました。基本が大切なので、十分身についていないと自分が判断した場合は、もう1回ベーシックⅠを受講することができます。今年度は全員が基本を押さえれられていたようです。
次年度からロボカップジュニアの挑戦が始まります。この卒業チャレンジを起点として、大きく羽ばたいて欲しいと願っています。

卒業チャレンジ 表彰(チーム優勝)

 

4月からロボット学習を始めたい諸君へ!

ロボットプログラミング体験講座 2/23 (火祝)練馬校・2/28(日)飯田橋校

ロボットサイエンス2021年度受講生向けのロボットプログラミング体験講座を開催します。2/23(火祝)練馬校、2/28(日)飯田橋校にて、参加者募集中です!
 小1~小2対象「初めてのロボット・プログラミング講座」は、ブロックサイエンス・キッズクリエーターⅡ通常授業内でも使用する教材「WeDo」を使った、小学生低学年向けロボティクス入門講座。小3~中学生対象「RoboRAVEロボコンチャレンジ講座」は、レゴマインドストームEV3を使用。ロボットサイエンス、ベーシックⅠ・Ⅱ(小4~小6)、アドバンスⅠ・Ⅱ(小6~中学生)で使用している教材です。 小5~中学生対象ロボットマスター体験講座では、プログラミング言語Python(パイソン)の基本を学ぶ「ロボット・レスキュープログラミング」と、C言語をベースとしたC-StyleでTJ3サッカーマシンを制御する「ロボット・サッカープログラミング」の2種をご用意。
 昨年4月から必修化された学校でのプログラミング教育がコロナ禍でなかなか進まない中、トゥルースが楽しく全力でサポートしていきます!

申込は⇒ http://truth-academy.co.jp/rm-trial2021/

ロボットプログラミング:サッカーWL競技の様子
レスキュー競技の様子
RoboLAVE競技の様子